セフレ関係を長続きさせるテクニックについて

今回はセフレ関係を結んだ後に、都合の良い関係性を長続きさせるために必要なテクニックについて論述して参ります。 【無言を貫く】 セフレ関係を長く続けていると必ずと言って良いほど女性の口から「私たち付き合ってるの?」という言葉が出てきます。 SEXの最中だけに限らず様々なシチュエーションで現れるこのNGワードへの対処は何も言わず軽く微笑むことです。 これは男性と女性の脳構造の決定的な違いを利用したテクニックです。   男性は白黒をはっきりとつけようとする思考です。例えば悩みの相談をする時などは明確な回答を求めて信用の置ける人を頼るでしょうし、逆に悩みの相談を受けた時は自論を展開しつつ自分なりの回答を提示し方向性を決定しようとします。 女性はこれとは全く逆であり、悩みの相談をするのは「ただ言いたいだけ」なのです。方向性を明確に示して欲しいのではなく 聞いて欲しいだけなのです。   この回答が出ない話を永遠に続けることができるという井戸端会議のようなものに正面切って回答を述べる必要はありません。 グレーなものはグレーなままにしておき「SEXはしてくれるのだから私に好意はある。」と思わせておけば良いのです。 もう1点テクニックですが、このNGワードが出た時はキスをしながら口を塞ぐことで女性の口を閉じてしましましょう。 【褒めるのは体にフォーカスする】 「私のどこが好き?」セフレ女性から、こう聞かれるケースも多いです。この時のダメ回答を2点挙げ簡単に説明を加えます。 ・内面を褒める これは最もダメ回答です。性格や仕草、癖などを好きだと回答してしまうと前途したNGワードが出現してしまいます。 さらに、その面倒さを増し「じゃ何故付き合わないの?」と詰め寄られる危険性があります。 セフレ関係の長期化を望む気持ちは理解できますが、これは逆効果です。 ・無言を貫く 前途したように無言を貫くことが効力を発揮するのは曖昧さを必要とする時のみです。 本件においては女性は褒めて欲しくて男性に甘えているのです。無言を貫いてはいけません。 ★この問に対し最も効果的な回答は「フェチを公言する」ということです。 女性は褒めて欲しい生き物なので、前途したケースと本件は全く異なります。必ず褒めなければなりません。 では、そう褒めるかということですが、男性のフェチズムを感じる部分を正直に伝えてください。この一見変態とも とれる発言は、2つの効用をもたらします。   ①女性の深層心理に「好きなのではなく私の◯◯なのだ」ということを擦り込むことができます。暗に体だけを求めている ということを伝えることができ、セフレが必要以上に男性のパーソナルエリアに侵入しないようにできます。   ②男性のフェチズムと女性が自信を持っている部分にずれがあればあるほど「私のそんなところまで見てくれているのね」と勘違いを誘発することができます。意外な切り口で女性を褒めるということは効果的です。   この2つの効果から付かず離れずの男性にとっては都合の良い距離感を保つことができます。 【余裕を持つ】 最後となりますが、セフレとは言えSEXをしている限り、いつか必ず男性の彼女に昇格したいと考えます。 一人の男性に愛されたいという本能によるものであるため、これを回避することはできません。 しかしながら、女性には強い男性の遺伝子を残したいという本能もあります。 動物世界で例えるのであれば、強い雄が多くの雌を引き連れハーレムを作ることだでき、その強さに雌が群がります。   人間世界へ話を戻すと容姿淡麗な男性や経済力のある男性が女性に引く手数多であるということと同義です。 そして、こういった強い遺伝子を残したいという女性の本能を刺激し、動物同様女性が群がります。 仮にセフレ関係が解消されようとしても焦った様子を見せてはいけません。逆に「あなたがいなくても他にセフレはいるよ」と 余裕を見せて強い雄を演じる必要があります。そういった一種のハッタリがセフレ関係を長期化させてくれます。 (まとめ) 永久にセフレ関係が続くことはあり得ません。男性も他の女性に目移りし、いつかセフレ女性の変更を行います。 次のセフレを見つけるまでの「繋ぎ期間」を長く取っておく参考にしていただければと思います。

セフレとのトラブルから見るセフレ関係の健全性

今回はセフレ関係が世間一般的に受けている悪しきイメージを打ち崩しセフレ関係の健全性を訴えたいと思います。 このため、セフレとの間に起こるトラブルから考察し、セフレは本当に「悪」なのか?という点について論じて参ります。 【付き合う詐欺】 セフレ女性は男性へ交際を求めてしまうことがあります。小さなことで申し上げると、挿入さえできれば良いと考えている女性からキスを求められたら男性の皆様はどう感じますでしょうか?不快に感じるはずです。 こういったケースで「付き合う」と容易く言ってしまう男性に信念がないことが問題です。 しっかりとセフレの大切さについて論じ、セフレ関係は一見SEXに見えて、実は双方を利用した自慰行為であることへの 理解を求める必要があります。 【セフレ関係の解消】 次に訪れるトラブルは、新たな女性とセフレ関係を構築したことにより、旧セフレ女性がお払い箱となってしまうことです。 確かに一方的なセフレ関係の解消は女性の性処理の観点から見ても健全とは言えません。しかしながら、旧セフレ女性も自分がセフレ解消に至ってしまった理由をしっかりと問うべきです。 【複数セフレの同時進行】 本件においては新旧セフレ女性が重複します。この時、双方のセフレ女性が不満を述べるようなトラブルがあります。 しかしながら、どちらかを選ばなければならない。ということはありません。セフレはSEXをするフレンド、つまり友達です。日本国憲法では友達を複数作ってはならないと謳ってはおりません。 逆に3Pなどの新たな境地にたどり着ける可能性を秘めており、非日常を経験できるチャンスを喜ぶべきなのです。 舞浜にある某アミューズメントパークでも非日常を提供することで多くのお客様へ喜びを与えています。 【セフレの素晴らしさに気づかない悲劇】 性欲とは人間の3大欲求とも言われています。同じ3大欲求と言われる食欲に置き換えてみると、毎日同じメニューの食事を 強要されたら、どう感じるでしょう?ストレスが溜まり、重篤な場合は食欲が減退し体調を崩し兼ねません。 これはSEXにも同様に当てはまります。 男性も女性も多くのセフレ関係を構築し上手くストレスと向き合う必要があるのですが、いつの時代からか貞操観念が凝り固まってしまい前途したようなトラブルが頻発してしまっています。 江戸時代などは、夜這いが横行しその対象は既婚女性も含まれていたという文献もあるほどです。嘗ての日本はこのように 性衝動と上手く向き合って均衡を取っていたのです。 (まとめ) セフレは決して「悪」などではありません。男性の確固たる信念の欠落による短絡的な場しのぎ発言により女性に誤解を 招いてしまうことや、女性のセフレ関係でのSEXにおける認識誤りを起因とし、トラブルが起きているだけなのであります。 本当の「悪」は男性と女性の間にある誤解なのだと考えられます。勇気を持ってセフレは素晴らしいと叫ぶ方が 私以外に増えてきてくれることを心から祈ります。

職場内でセフレを作るという逆転の発想

セフレを作るのに必要なことは、当たり前ですがターゲットがいないと始まりません。 では、そのターゲットをどこで探すかということですが、今回は一見リスキーですが 職場の同僚や部下、上司などの女性をセフレにしてしまうという逆転の発想を論述させていただきます。 【ザイオンス効果】 これは「会う回数が多くなるほど人間は親しくなる」という効果です。社内でも近しい部署の女性とは週5日は会うでしょう。 そして1日の大半を社内で過ごします。女性がプライベートで所属しているコミュニティよりも強く働き掛けてくれるであろう ザイオンス効果のアドバンテージを活かさない手はありません。 【競合がいない】 「職場でセフレを作ってしまおう」という馬鹿はそういません。前途したような優位性を発揮できる環境下で、 さらに競合がいないというブルーオーシャンが広がっているにも関わらずで攻めに転じない男性こそ馬鹿ではないでしょうか。 【カリギュラ効果】 これは「禁止された行為や事柄ほどやってみたくなる」という効果です。 女性との距離感を見極めながらではありますが「職場の男性とセフレ関係になる」という禁忌を認識させることができれば セフレ関係を迫った時に職場だからこそ発揮できるレバレッジを最大限活かしましょう。 【秘密の共有】 前途した「カリギュラ効果」を一層引き立てるための要素となります。二人だけの秘め事にしまうことで、女性はアドレナリンが分泌され高揚感を得られます。「吊り橋効果」にも近い状態を作り上げることでセフレ関係を迫ると、可能性が高まります。 【ドメスティックな環境下で相談者がいないという事実】 これら効果を最大限に活かし、一旦職場の女性とセフレ関係になることができれば、女性特有の悪い噂への伝播力を抑えることができます。これがただの恋愛であれば、一瞬で拡散してしまいます。しかし、職場の男性とセフレ関係であるという秘め事は、当事者である女性にとってもリスクなのです。 つまり、職場内で相談できる相手がいないということになり、噂が広まるという危険性は最小限に抑えられるでしょう。 (まとめ) 一見、無謀で馬鹿げたリスクしかないような職場の女性をセフレターゲットにしてしまうということですが【競合がいない】でも述べましたが、職場はブルーオーシャンなのです。 セフレを求め魑魅魍魎が跋扈している出会い系サイトや、クラブでのナンパなどは血に染まったレッドオーシャンと言えます。 様々な人間心理を上手く使うことで女性の口を封じることができます。そして何によりセフレ関係が会社に広まる前に女性を辞めさせてしまえば良いのです。 青く澄み切った海でセフレを見つけてみたいと思いませんか?

農業から学ぶ複数のセフレを作る秘訣

今回は日本人が世界に誇る「農業」から学ぶ、「複数のセフレを作る秘訣」について論じて参ります。 私は農業従事者ではありませんが、とある農協の組合長から下記のような話を聞いた経験があります。 ます、その貴重なお話を記述いたします。 【これからの農業は米を作っているだけではダメだ】 日本人の主食である「お米」を作るというは非常に非常に尊い仕事でありますが、米は年に1度しか収穫できません。 そして台風や、その他天候により収穫量が一気に下がってしまう。というリスクがあります。もちろんJAなどで このリスクに対処する保険のようなものはあるようですが。 この年に1度の1発勝負だけではリスクが大きいため、しっかりと自立し自らリスクを回避するには 複数の農作物についても目を向け、多品目の収穫ができるような努力が必要だと論じられていました。 農作物が収穫できるまでには下記の工程を踏みます。 ①適切な時期に種を植える ②芽が出るまで適切な水を与える ③花が咲くように適切な肥料を与える ④実を結ぶよう丁寧に受粉状況に気を配る ⑤適切な時期に収穫を行う。 この5つの工程を踏むことで農作物が収穫でき収入に繋がります。 そして、常にこの5つの工程を多くの農作物に実行することで、ある1つの農作物が打撃を受けた時であっても他の農作物が 育っているためリスクヘッジができるということも論じられていました。 【農協組合長の言葉にに隠された3つ重要なファクター】 ・単一品種に絞り込まない ・多品目な農作物に目を向ける ・時期をずらしながら収穫できるよう計画性を持つ ここまでの組合長の貴重なお話を「複数のセフレを作る」ということに置き換えて論述して参ります。 【単一品種に絞ることへのリスク】 これは、1人の女性をターゲットとしてフォーカスすることはリスクである。ということに繋がります。 万一、不測の事態が発生してしまうと、せっかくの労力が無駄になってしまい、収穫(セフレ関係構築)が達成されません。 【多品目の農作物だからこそ下げることができるリスク】 これは、多様なタイプ・特徴のある女性へアプローチすることでリスクを下げることができる。ということになります。 誰しも必ずスランプが訪れます。このスランプの期間であっても多様な女性へアプローチしておくことでリスクを最大限 遠ざけ、とある女性とセフレ関係に至らずとも別の女性とセフレ関係構築することができる。というポートフォリを 組むことができます。 【時期をずらしながら計画性を持つことで強固になるポートフォリオ】 これは、前途したように複数の女性へアプローチすることで組み上げたポートフォリオをより強固にする。ということです。 上記で述べた5つの工程を、仮に同一時期に同時進行したとします。そうすると⑤の収穫時期が重なってしまい 男性が抱えることのできるキャパシティーを超えてしまい、せっかく実った果実を収穫し損ねてしまい兼ねません。 5つの工程を時期をずらしながら、恒常的に収穫時期が訪れる状況を作り上げることで、複数のセフレ関係構築を安定的に してくれます。 (まとめ) 私が出会った組合長は決してセフレ関係を構築するために貴重なお話をされたわけではありませんが 常に技術革新と技術の幅を拡張することの必要性を説かれてらっしゃいました。 これは決して一朝一夕に達成できることではありませんが、セフレを作りたいと願っている男性であれば学ぶべき部分が 非常に多いのではないでしょうか? ぜひ、志を高くし1人のセフレで満足するのではなく多くの女性を、あなたの手中に収めていただきたいと思います。

セフレになり易い女性の特徴

今回はセフレ関係を構築し易い女性の特徴を論述していきたいと思います。 最初に申し上げておきますと、セフレ関係構築の容易さと容姿の良し悪しは相関関係を持っておりません。 容姿が劣る女性であっても貞操観念と股が硬い場合があります。何とも痴がましい話ではありますが 裏を返すと、思わず振り返ってしまう美女であってもセフレ関係を構築が容易な場合があるということです。 下記に特徴を列挙し説明を加えていきます。 ・彼氏または夫がいる女性 定番ですが、彼氏もしくは夫がいるということは、何らかの悩みを抱えている可能性があります。そこに付け込む隙がある ということになります。特に既婚女性の場合、子供がいる方がより悩みを抱える可能性が高まりますので、セフレ関係を 構築し易いと言えます。ずれの場合も交際が良好な状態であっても悪化することを待ちセフレ候補から外してはいけません。 ・離婚歴のある女性 こちらも定番ですが、男女交際はもう面倒と考えている女性が多いです。フランクなSEXを求めているケースが多いので 容易に長期的にセフレ関係を構築し易いです。この場合も子供がいる方が前途同様に可能性が高まります。 ・笑い上戸な女性 関西地方では「ゲラ」と言われますが、これがセフレになり易い指標になります。冗談で女性を笑わせる中で、下ネタを 入れていきます。話の流れで笑ってくれますが、深層心理に「エロ」を埋め込むことができます。これにより自然と SEXしてみる?という冗談を入れ易くなります。つまりジャブを打つことができるということです。 セフレ関係を構築するということは容易でありませんので、数を打つ必要がありますが、このタイプの女性は数が打てる。 という側面からセフレになり易い女性と言えます。 ・友人が少ないな女性 セフレ関係を迫るという行為は女性の間で悪い噂を伝播させてしまします。しかし、友人が少ない女性の伝播力は弱いため アプローチし易いという側面からセフレになり易いと言えます。また、友人が少ないということは発散するコミュニティが 少ないため、充分なストレス発散ができていない可能性があります。このストレスが性欲として蓄積されてしまっている ケースも見過ごせません。孤立している女性の心の隙間に入り込むことは容易です。 ・車好き、もしくは運転が好きな女性 一般的に女性は自動車への興味は薄く、運転は苦手と言えます。男性的な思考を持っているということは、SEXに対する 考え方も快感を求める傾向が強いと言え、セフレへの発展する可能性が高いです。 【男性が陥り易い最も多い勘違い】 巷では彼氏と別れたばかりの女性の心の隙間を埋めることでセフレに発展できるという都市伝説がありますが、事実ではありません。彼氏と別れたばかりの女性は未だ彼氏のことで頭が一杯です。入り込む隙はありません。もしSEXできたとしても彼女として迎え入れ付き合う必要があるので、これは大きな間違いと言えます。 セフレになり易い女性の特徴というのは少し切り口を変えて見る必要があります。男性目線だけでなく、女性目線に立つことも必要となりますので、上記の特徴を是非参考にしてみてください。 また、このほかにも、この出会い系比較サイトにはセフレに関する情報が一杯載っていますので、参考にしてみてくださいね。

セフレ関係を築くためのアプローチ方法について

多くの男性の永遠の夢であるセフレ。今回はセフレ関係に築く手法について論述して参ります。 まずは、これを達成する方法は大きく2つのアプローチがあるということを述べておきます。 【アプローチ1】 まずはセフレ関係になる前に、本命彼女として交際し、その後、交際を解消しても体の関係だけを維持するという方法です。 ターゲットとする女性を初めからセフレにするために止むを得ず交際するという点においては男性の中には抵抗のある方も いらっしゃるかもしれませんが、正面切ってセフレ関係を求めるよりも障壁が下がりセフレに発展する確率が上がります。 【具体的ポイント】 ・交際当初から本気ではない素振りを見せておく。 これは、交際解消時に女性が受ける打撃を最小限に留め、男性から完全に離れてしまうことを防ぐ効果があります。 ・2〜3ヶ月以内に交際を解消する。 早期に交際を解消することで「また私に戻ってきてくれるかもしれない」という女性心理を突く効果があります。 ・交際解消の口実は女性にないと説明する。 女性のことを嫌いになったのではなく仕事に集中したいなどの理由で交際を解消すると、上記と同様の効果が得られます。 ・交際解消後、1ヶ月は休暇期間を取る。 別れた直後に体を求めると、女性が彼女に戻ったと勘違いしてしまいます。最低1ヶ月間は寝かす期間を設けましょう。 ・何事もなかったよう連絡を取る。 仕事が落ち着いたなどは口にせず、久しぶりに食事しようくらいで誘ってください。 (まとめ) これら一連の流れを踏むことで、女性は交際していた頃を思い出し自然とSEXの流れに発展します。 SEXの最中や直前に、私たち寄りを戻したの?と女性から聞かれるケースが多いですが、これには無言で対処しましょう。 一旦体を許している男性を女性は体で覚えているはずです。やっぱり私のことが好きなのかな。と勘違いしてくれます。 【アプローチ2】 2つ目は、当初からセフレ関係を求める手法です。アプローチ1よりもセフレへ発展する障壁は上がりますが、面倒な交際や その後の駆け引きが不要な分だけ、成功すると煩わしさが減るということで1回のアプローチに要する時間を短縮できます。 【具体的ポイント】 ・遊んでいる男であることを公言する。 ただ女性をヤリ捨てているのではなく、美人は皆好きになってしまい選ぶことができないのです。という表現を使用下さい。 ・女性の性的な魅力を褒め称える。 褒められて嫌な女性はいません。褒めるポイントを身体的な部分にフォーカスするだけです。 ・セフレは悪いことではないという自論を展開する。 SEXはスポーツだ。気持ち良い汗をかいて爽快なのは同じなので一緒にスポーツしましょう。という表現を使用下さい。 ・女性の弱みや悩み事への情報収集をする。 こんな事で最近悩んでいないですか?と話しかけることで、私のことを考えてくれてるの?と勘違いしてくれます。 (まとめ) 一種の洗脳のような手法になります。全体を通し必要なスキルになりますが、あくまでも爽やな表現を心がけてください。 「爽やかな卑猥」をテーマに掲げSEXは秘め事ではなく、もっと解放して楽しみましょう。という提案を行ってください。 美人に目がない私が好きなあなたも美人ですよ。という気持ちにさせてあげることで、心と股を開いてくれます。 (総括) それぞれ全く異なるアプローチですが、男性として本能に正直なのは「アプローチ2」ではないでしょうか。 どちらを選ぶかは男性の特性に合わせて実践いただきたいですが、女性は真っ直ぐな男性を好むと思います。