セフレを作る過程も大変苦労するかもしれませんが、実際セフレ関係を維持する方が難しいとされています、その理由はセフレだからこそ触れて良いラインや触れてはいけないライン、タイミングの問題や恋仲に発展させないように工夫がいる…など様々な事が挙げられます。
今回はセフレ関係の維持を目標にした時に気をつけなければならない点についておさらいしていきましょう。

セフレ関係は踏み込みすぎない、束縛しない事が大切

男女共通して言えることですがセフレ関係は気軽さが大切になります。色恋を利用してコントロールすることも可能ですが、基本的には後腐れのない様にしなければなりません。
片方が継続しようと努力していても片方が終わりにしようと思えばセフレ関係は解消しなければならなくなってしまいます。
従ってなるべく片方が無理という状況であれば会うことを断念するという心構えが必要です。
又は彼氏が出来そうとか気になる男性がいる、という場合には引き止めずに応援してあげるくらいのスタンスでいることが大切で彼氏が出来たから関係を解消したいと言われても素直に引き下がりましょう。
セフレを作るくらいのタイプは基本的に長続きしません、無理に引き止めて関係を解消してこじれるよりも相談相手などの立ち位置をキープすることで別れた後などもセフレとして関係を戻す可能性が生まれます。
セフレという関係は拘束力がないので自由意思を尊重することが大事になってきます。

セフレに惚れられた場合は

問題になりやすいのは相手に惚れられてしまい恋仲になりたいと迫られてしまった場合になります、これは引き止めるのが基本的に難しい関係になっているという事を理解しておきましょう。
一番長続きさせられそうなのは理想の女想像を挙げて、それに自分が近づいたと思ったら自分から言うからこの関係を継続していこう、という形です。
希望を一応与えておくのが一番長持ちするのですが、実際には解消する時かなりこじれる可能性があるので、他の人に惚れる可能性に賭けていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *