セフレはエッチするだけの仲で踏み込んだ付き合いにはならないようにコントロールすることも大切ですが、セフレに求めている事は人それぞれ違います。
そこでエッチする時に気をつけなければならない事を少し挙げていきたいと思います。

独りよがりの気持ち良さは駄目

セフレ関係がどの様に構築されているのかにも依る所は大きいのですが、基本的に自分本位でエッチをするのは駄目です。
常に考えなければいけないのは次以降に繋げること、たまたま気分良く誘いに乗ってくれていたとしても急に連絡が途絶える可能性は常にあります。
エッチの相性が良いとか、気持ちよくなりたいとか理由はありますが相手にも選ぶ権利があり、セフレだから普段出来ないプレイをしたい気持ちも分かるのですがきちんと両者で納得の上やってみるのが良いでしょう。
一度拒否されたらしつこく迫るのは音信不通となるリスクを上げてしまうので控える方が賢明な判断ですね。

私生活を覗かない

エッチの前後というのは男女ともに口が軽くなっていることがあります。
セフレ関係というのは気軽さが一つの利点でお互いに私生活を維持出来ることが大切なので聞き出そうとすることは控えましょう。
後で思い返す時間にそういえば聞き出そうとしていたなぁと警戒されてしまっては次に会いたいと言ってみても返事がない場合があります。
セフレ関係をまた一から構築するのは面倒ですよね、大事に思うのであればなるべく相手の事情等には触れないようにしましょう。
自分から話す分には良い聞き手になってあげれば問題ありません。

他のセフレとの分別化を図る

セフレがいる、というのは現実問題として珍しいことではありません。
また複数いる可能性も高いのですがそのパートナーと自分がどの様に違うかをいつも明確にしておきましょう。
ピロートークに力を入れるとか前戯に力を入れるとか、そういう感じで大丈夫ですがエッチだけでまた会いたいと思わせる為には一つ抜きん出ている方が強みとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *