セフレとのエッチで気を付けること

セフレはエッチするだけの仲で踏み込んだ付き合いにはならないようにコントロールすることも大切ですが、セフレに求めている事は人それぞれ違います。 そこでエッチする時に気をつけなければならない事を少し挙げていきたいと思います。 独りよがりの気持ち良さは駄目 セフレ関係がどの様に構築されているのかにも依る所は大きいのですが、基本的に自分本位でエッチをするのは駄目です。 常に考えなければいけないのは次以降に繋げること、たまたま気分良く誘いに乗ってくれていたとしても急に連絡が途絶える可能性は常にあります。 エッチの相性が良いとか、気持ちよくなりたいとか理由はありますが相手にも選ぶ権利があり、セフレだから普段出来ないプレイをしたい気持ちも分かるのですがきちんと両者で納得の上やってみるのが良いでしょう。 一度拒否されたらしつこく迫るのは音信不通となるリスクを上げてしまうので控える方が賢明な判断ですね。 私生活を覗かない エッチの前後というのは男女ともに口が軽くなっていることがあります。 セフレ関係というのは気軽さが一つの利点でお互いに私生活を維持出来ることが大切なので聞き出そうとすることは控えましょう。 後で思い返す時間にそういえば聞き出そうとしていたなぁと警戒されてしまっては次に会いたいと言ってみても返事がない場合があります。 セフレ関係をまた一から構築するのは面倒ですよね、大事に思うのであればなるべく相手の事情等には触れないようにしましょう。 自分から話す分には良い聞き手になってあげれば問題ありません。 他のセフレとの分別化を図る セフレがいる、というのは現実問題として珍しいことではありません。 また複数いる可能性も高いのですがそのパートナーと自分がどの様に違うかをいつも明確にしておきましょう。 ピロートークに力を入れるとか前戯に力を入れるとか、そういう感じで大丈夫ですがエッチだけでまた会いたいと思わせる為には一つ抜きん出ている方が強みとなります。

セフレと良好な関係を継続するには

セフレを作る過程も大変苦労するかもしれませんが、実際セフレ関係を維持する方が難しいとされています、その理由はセフレだからこそ触れて良いラインや触れてはいけないライン、タイミングの問題や恋仲に発展させないように工夫がいる…など様々な事が挙げられます。 今回はセフレ関係の維持を目標にした時に気をつけなければならない点についておさらいしていきましょう。 セフレ関係は踏み込みすぎない、束縛しない事が大切 男女共通して言えることですがセフレ関係は気軽さが大切になります。色恋を利用してコントロールすることも可能ですが、基本的には後腐れのない様にしなければなりません。 片方が継続しようと努力していても片方が終わりにしようと思えばセフレ関係は解消しなければならなくなってしまいます。 従ってなるべく片方が無理という状況であれば会うことを断念するという心構えが必要です。 又は彼氏が出来そうとか気になる男性がいる、という場合には引き止めずに応援してあげるくらいのスタンスでいることが大切で彼氏が出来たから関係を解消したいと言われても素直に引き下がりましょう。 セフレを作るくらいのタイプは基本的に長続きしません、無理に引き止めて関係を解消してこじれるよりも相談相手などの立ち位置をキープすることで別れた後などもセフレとして関係を戻す可能性が生まれます。 セフレという関係は拘束力がないので自由意思を尊重することが大事になってきます。 セフレに惚れられた場合は 問題になりやすいのは相手に惚れられてしまい恋仲になりたいと迫られてしまった場合になります、これは引き止めるのが基本的に難しい関係になっているという事を理解しておきましょう。 一番長続きさせられそうなのは理想の女想像を挙げて、それに自分が近づいたと思ったら自分から言うからこの関係を継続していこう、という形です。 希望を一応与えておくのが一番長持ちするのですが、実際には解消する時かなりこじれる可能性があるので、他の人に惚れる可能性に賭けていきましょう。

インスタ映えを狙うユーザーとフレンドに

いまやSNS上でフレンドを作ることは当たり前の時代で、そこからどの様に広げていくかがメインとなっています。 Instagramというアプリでは自身の近況等をアップロードして読者等に動画や写真を見て貰い、そこから優越感や承認欲求を満たすツールとして使われています。 今の若者は特に承認欲求が強い傾向があり、どの様な形であれ認めて貰うための労力を厭いません。 従って、インスタからアプローチがある人を邪険にしたりする人は少ない(邪険にするとそのログをアップロードされたり不都合が生じます)為、一度関わりを持つ事ができればそこから色々な話や遊び等に誘うことが容易なツールです。 インスタで友達を作るには まずは自己紹介をしっかりと作成しておきましょう。 出会い系サイト等でも同じ事が言えますが、自己紹介をしっかりと書いておかないとメッセージ等でしっかりと書き込んで送ったとしても自己紹介を読んでメッセージを送り返す気が無くなってしまうということは多々あります。 というのも、ある程度インスタでの活動がなければ関わったとしてもすぐに切れてしまったり、得体の知れない人からのメッセージはそもそもNGという人が少なからずいる為です。 特にウェブサイトの欄にTwitterURL等を入れ込んでおくだけで自分に興味を持ってくれた人がフォローをくれる可能性も残るため、きちんと入れ込んで置きましょう。 インスタ映えを狙う必要は無い メル友やLINE仲間を見つけるだけであれば俗に言うインスタ映えを狙った写真や動画を撮る必要はなく、むしろ余りインスタで繋がりを持てていないユーザーにアプローチをしていくだけでも友達を作ることが出来ます。 インスタである程度人気のあるユーザーは沢山のアプローチを受けていますが、人気のないユーザーはむしろアプローチに慣れていないので見知らぬ人からのアプローチでも嬉しく感じるものです。 写真等で人気を狙うのではなく認めてあげる立ち回りで友達を増やしてみて下さい。

tiktokって使ってますか?

Tiktokというアプリが若い人のトレンドツールとして利用されているのを知っているでしょうか? 実はtiktokは15秒動画を投稿するだけのツールと認識されている人が多い物ですが、実際にはメル友や彼女、はたまたセフレを作るために使われる事もあるスマホアプリです。 本来の使い方としては動画を視聴者に良いねして貰ったりフォロワーを増やすことで自己顕示欲を満たしながら自分の知っている事などを紹介したり、口パクして遊んだりと和気藹々としたものなのですが、これを出会いに繋げることも可能だという事に気付いて色々な縁を作り出している人達もいます。 Tiktokでメル友を作る為に 現在メル友というよりも他のSNSで交流を取るためのツールが必要だと考えてtiktokを使っている人は大勢います。 例えばtiktokからTwitterに移動してDMを送り合う仲になったり、LINEで友達登録をしてメッセージを送りあうというものです。 Tiktok上ではメッセージを個別で送り合うことは出来ますが全く秘匿性が無い為にメールとは違う使い方しか出来ません。 ただQRコードをアイコンに載せておいてそこからLINE登録をしたりTwitter誘導をすれば個別にメッセージを送り合うことが出来ます。 勿論仲良くならなければ誘導することが出来ませんが、基本的にTiktokのユーザーは繋がりを求めている人が多いのでかなりの割合で話すまでは問題無く進みます。 スマホを指定された場所で持つだけでも Tiktokの特性上スマホを持つだけの役割が求められている事も多々あります。 配信者としては良い位置でカメラを構えたりアップロード前に他の人の意見が欲しかったりと一人でやるよりも複数の人とやる方が見栄えが良く、また良いものが撮れます。 なにか特別なスキルが必要になるわけではないので、誰でも良いからtiktokを一緒に出来るという友人が欲しくなる為、地域が同じであれば声をかけて一緒に撮影をするという仲に発展させることも可能です。 勿論LINEでやり取りをするだけの友達も簡単に作ることが出来ます。

ヒトカラの利点を活かしています

いきなりですがカラオケとかって好きですか?今のカラオケは友人と行くよりも一人で行く方がストレス発散になるし好きに歌を歌ったり練習したりと自由なのですが、実はメル友ナンパも出来る場所になっています。 メル友作りによく使っているのがJOY SOUNDのマイうた動画機能で、これって店舗配信可能にすると会員同士でコラボしたりすることが出来る仕組みになっています。 なので、マイうた動画を配信している女性会員さんと仲良くなって遠くなのに一緒に歌っている感覚になるような動画を二人で作ったり、全然知らない人とコラボ出来たりと意外と楽しいですよ! メールアドレスを書き込んだりすることは規約上出来ないのですがtwitterのアカウントを表示させたりすることは全然問題無いのでtwitterでコラボしました!仲良くしましょう!みたいなリプライを飛ばしてDMからLINEしてみたりと…こうやってメル友が増えていきますね! メールをメインにしている人は今の時代いないと思います、殆どがラインかtwitterかkakaoとかですよね。 そうなるとメル友自体が割と死語の様な気がしますけど、実際会ったことも無い人とメッセージのやり取りをするわけですからLINE仲間もメル友だったりするのかなと思います。 さてヒトカラ仲間っていう一つの属性だけで結構多くの出会いを経験しています、例えば初めてマイうた動画を上げてみた人に声をかけてマイうた動画を一緒に作りませんか?って誘うわけですね、私の場合はある程度人数が揃ってきて皆でオフ会をするためのLINEグループを作成したりしています。 勿論個人でずっとコラボしている人もいるので付き合い方が固定しているわけではありません。 趣味が一緒なので他の趣味に関しても色々な話ができるので楽しいです、アニメが好きな人からアニメのオススメ曲を一緒に歌ってみませんか?なんて誘われて実際に聞いてみたらとても良い歌だったということもあります。 店舗ごとに他のお客さんに声をかけることが禁止されているカラオケ店もあるかと思いますが、私の方法でしたら規約に触れることも無くオススメですね!