セフレを作るのに必要なことは、当たり前ですがターゲットがいないと始まりません。

では、そのターゲットをどこで探すかということですが、今回は一見リスキーですが
職場の同僚や部下、上司などの女性をセフレにしてしまうという逆転の発想を論述させていただきます。

【ザイオンス効果】
これは「会う回数が多くなるほど人間は親しくなる」という効果です。社内でも近しい部署の女性とは週5日は会うでしょう。
そして1日の大半を社内で過ごします。女性がプライベートで所属しているコミュニティよりも強く働き掛けてくれるであろう
ザイオンス効果のアドバンテージを活かさない手はありません。

【競合がいない】
「職場でセフレを作ってしまおう」という馬鹿はそういません。前途したような優位性を発揮できる環境下で、
さらに競合がいないというブルーオーシャンが広がっているにも関わらずで攻めに転じない男性こそ馬鹿ではないでしょうか。

【カリギュラ効果】
これは「禁止された行為や事柄ほどやってみたくなる」という効果です。
女性との距離感を見極めながらではありますが「職場の男性とセフレ関係になる」という禁忌を認識させることができれば
セフレ関係を迫った時に職場だからこそ発揮できるレバレッジを最大限活かしましょう。

【秘密の共有】
前途した「カリギュラ効果」を一層引き立てるための要素となります。二人だけの秘め事にしまうことで、女性はアドレナリンが分泌され高揚感を得られます。「吊り橋効果」にも近い状態を作り上げることでセフレ関係を迫ると、可能性が高まります。

【ドメスティックな環境下で相談者がいないという事実】
これら効果を最大限に活かし、一旦職場の女性とセフレ関係になることができれば、女性特有の悪い噂への伝播力を抑えることができます。これがただの恋愛であれば、一瞬で拡散してしまいます。しかし、職場の男性とセフレ関係であるという秘め事は、当事者である女性にとってもリスクなのです。
つまり、職場内で相談できる相手がいないということになり、噂が広まるという危険性は最小限に抑えられるでしょう。

(まとめ)
一見、無謀で馬鹿げたリスクしかないような職場の女性をセフレターゲットにしてしまうということですが【競合がいない】でも述べましたが、職場はブルーオーシャンなのです。
セフレを求め魑魅魍魎が跋扈している出会い系サイトや、クラブでのナンパなどは血に染まったレッドオーシャンと言えます。
様々な人間心理を上手く使うことで女性の口を封じることができます。そして何によりセフレ関係が会社に広まる前に女性を辞めさせてしまえば良いのです。
青く澄み切った海でセフレを見つけてみたいと思いませんか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *