セフレ関係を長続きさせるテクニックについて

今回はセフレ関係を結んだ後に、都合の良い関係性を長続きさせるために必要なテクニックについて論述して参ります。 【無言を貫く】 セフレ関係を長く続けていると必ずと言って良いほど女性の口から「私たち付き合ってるの?」という言葉が出てきます。 SEXの最中だけに限らず様々なシチュエーションで現れるこのNGワードへの対処は何も言わず軽く微笑むことです。 これは男性と女性の脳構造の決定的な違いを利用したテクニックです。   男性は白黒をはっきりとつけようとする思考です。例えば悩みの相談をする時などは明確な回答を求めて信用の置ける人を頼るでしょうし、逆に悩みの相談を受けた時は自論を展開しつつ自分なりの回答を提示し方向性を決定しようとします。 女性はこれとは全く逆であり、悩みの相談をするのは「ただ言いたいだけ」なのです。方向性を明確に示して欲しいのではなく 聞いて欲しいだけなのです。   この回答が出ない話を永遠に続けることができるという井戸端会議のようなものに正面切って回答を述べる必要はありません。 グレーなものはグレーなままにしておき「SEXはしてくれるのだから私に好意はある。」と思わせておけば良いのです。 もう1点テクニックですが、このNGワードが出た時はキスをしながら口を塞ぐことで女性の口を閉じてしましましょう。 【褒めるのは体にフォーカスする】 「私のどこが好き?」セフレ女性から、こう聞かれるケースも多いです。この時のダメ回答を2点挙げ簡単に説明を加えます。 ・内面を褒める これは最もダメ回答です。性格や仕草、癖などを好きだと回答してしまうと前途したNGワードが出現してしまいます。 さらに、その面倒さを増し「じゃ何故付き合わないの?」と詰め寄られる危険性があります。 セフレ関係の長期化を望む気持ちは理解できますが、これは逆効果です。 ・無言を貫く 前途したように無言を貫くことが効力を発揮するのは曖昧さを必要とする時のみです。 本件においては女性は褒めて欲しくて男性に甘えているのです。無言を貫いてはいけません。 ★この問に対し最も効果的な回答は「フェチを公言する」ということです。 女性は褒めて欲しい生き物なので、前途したケースと本件は全く異なります。必ず褒めなければなりません。 では、そう褒めるかということですが、男性のフェチズムを感じる部分を正直に伝えてください。この一見変態とも とれる発言は、2つの効用をもたらします。   ①女性の深層心理に「好きなのではなく私の◯◯なのだ」ということを擦り込むことができます。暗に体だけを求めている ということを伝えることができ、セフレが必要以上に男性のパーソナルエリアに侵入しないようにできます。   ②男性のフェチズムと女性が自信を持っている部分にずれがあればあるほど「私のそんなところまで見てくれているのね」と勘違いを誘発することができます。意外な切り口で女性を褒めるということは効果的です。   この2つの効果から付かず離れずの男性にとっては都合の良い距離感を保つことができます。 【余裕を持つ】 最後となりますが、セフレとは言えSEXをしている限り、いつか必ず男性の彼女に昇格したいと考えます。 一人の男性に愛されたいという本能によるものであるため、これを回避することはできません。 しかしながら、女性には強い男性の遺伝子を残したいという本能もあります。 動物世界で例えるのであれば、強い雄が多くの雌を引き連れハーレムを作ることだでき、その強さに雌が群がります。   人間世界へ話を戻すと容姿淡麗な男性や経済力のある男性が女性に引く手数多であるということと同義です。 そして、こういった強い遺伝子を残したいという女性の本能を刺激し、動物同様女性が群がります。 仮にセフレ関係が解消されようとしても焦った様子を見せてはいけません。逆に「あなたがいなくても他にセフレはいるよ」と 余裕を見せて強い雄を演じる必要があります。そういった一種のハッタリがセフレ関係を長期化させてくれます。 (まとめ) 永久にセフレ関係が続くことはあり得ません。男性も他の女性に目移りし、いつかセフレ女性の変更を行います。 次のセフレを見つけるまでの「繋ぎ期間」を長く取っておく参考にしていただければと思います。

セフレとのトラブルから見るセフレ関係の健全性

今回はセフレ関係が世間一般的に受けている悪しきイメージを打ち崩しセフレ関係の健全性を訴えたいと思います。 このため、セフレとの間に起こるトラブルから考察し、セフレは本当に「悪」なのか?という点について論じて参ります。 【付き合う詐欺】 セフレ女性は男性へ交際を求めてしまうことがあります。小さなことで申し上げると、挿入さえできれば良いと考えている女性からキスを求められたら男性の皆様はどう感じますでしょうか?不快に感じるはずです。 こういったケースで「付き合う」と容易く言ってしまう男性に信念がないことが問題です。 しっかりとセフレの大切さについて論じ、セフレ関係は一見SEXに見えて、実は双方を利用した自慰行為であることへの 理解を求める必要があります。 【セフレ関係の解消】 次に訪れるトラブルは、新たな女性とセフレ関係を構築したことにより、旧セフレ女性がお払い箱となってしまうことです。 確かに一方的なセフレ関係の解消は女性の性処理の観点から見ても健全とは言えません。しかしながら、旧セフレ女性も自分がセフレ解消に至ってしまった理由をしっかりと問うべきです。 【複数セフレの同時進行】 本件においては新旧セフレ女性が重複します。この時、双方のセフレ女性が不満を述べるようなトラブルがあります。 しかしながら、どちらかを選ばなければならない。ということはありません。セフレはSEXをするフレンド、つまり友達です。日本国憲法では友達を複数作ってはならないと謳ってはおりません。 逆に3Pなどの新たな境地にたどり着ける可能性を秘めており、非日常を経験できるチャンスを喜ぶべきなのです。 舞浜にある某アミューズメントパークでも非日常を提供することで多くのお客様へ喜びを与えています。 【セフレの素晴らしさに気づかない悲劇】 性欲とは人間の3大欲求とも言われています。同じ3大欲求と言われる食欲に置き換えてみると、毎日同じメニューの食事を 強要されたら、どう感じるでしょう?ストレスが溜まり、重篤な場合は食欲が減退し体調を崩し兼ねません。 これはSEXにも同様に当てはまります。 男性も女性も多くのセフレ関係を構築し上手くストレスと向き合う必要があるのですが、いつの時代からか貞操観念が凝り固まってしまい前途したようなトラブルが頻発してしまっています。 江戸時代などは、夜這いが横行しその対象は既婚女性も含まれていたという文献もあるほどです。嘗ての日本はこのように 性衝動と上手く向き合って均衡を取っていたのです。 (まとめ) セフレは決して「悪」などではありません。男性の確固たる信念の欠落による短絡的な場しのぎ発言により女性に誤解を 招いてしまうことや、女性のセフレ関係でのSEXにおける認識誤りを起因とし、トラブルが起きているだけなのであります。 本当の「悪」は男性と女性の間にある誤解なのだと考えられます。勇気を持ってセフレは素晴らしいと叫ぶ方が 私以外に増えてきてくれることを心から祈ります。

職場内でセフレを作るという逆転の発想

セフレを作るのに必要なことは、当たり前ですがターゲットがいないと始まりません。 では、そのターゲットをどこで探すかということですが、今回は一見リスキーですが 職場の同僚や部下、上司などの女性をセフレにしてしまうという逆転の発想を論述させていただきます。 【ザイオンス効果】 これは「会う回数が多くなるほど人間は親しくなる」という効果です。社内でも近しい部署の女性とは週5日は会うでしょう。 そして1日の大半を社内で過ごします。女性がプライベートで所属しているコミュニティよりも強く働き掛けてくれるであろう ザイオンス効果のアドバンテージを活かさない手はありません。 【競合がいない】 「職場でセフレを作ってしまおう」という馬鹿はそういません。前途したような優位性を発揮できる環境下で、 さらに競合がいないというブルーオーシャンが広がっているにも関わらずで攻めに転じない男性こそ馬鹿ではないでしょうか。 【カリギュラ効果】 これは「禁止された行為や事柄ほどやってみたくなる」という効果です。 女性との距離感を見極めながらではありますが「職場の男性とセフレ関係になる」という禁忌を認識させることができれば セフレ関係を迫った時に職場だからこそ発揮できるレバレッジを最大限活かしましょう。 【秘密の共有】 前途した「カリギュラ効果」を一層引き立てるための要素となります。二人だけの秘め事にしまうことで、女性はアドレナリンが分泌され高揚感を得られます。「吊り橋効果」にも近い状態を作り上げることでセフレ関係を迫ると、可能性が高まります。 【ドメスティックな環境下で相談者がいないという事実】 これら効果を最大限に活かし、一旦職場の女性とセフレ関係になることができれば、女性特有の悪い噂への伝播力を抑えることができます。これがただの恋愛であれば、一瞬で拡散してしまいます。しかし、職場の男性とセフレ関係であるという秘め事は、当事者である女性にとってもリスクなのです。 つまり、職場内で相談できる相手がいないということになり、噂が広まるという危険性は最小限に抑えられるでしょう。 (まとめ) 一見、無謀で馬鹿げたリスクしかないような職場の女性をセフレターゲットにしてしまうということですが【競合がいない】でも述べましたが、職場はブルーオーシャンなのです。 セフレを求め魑魅魍魎が跋扈している出会い系サイトや、クラブでのナンパなどは血に染まったレッドオーシャンと言えます。 様々な人間心理を上手く使うことで女性の口を封じることができます。そして何によりセフレ関係が会社に広まる前に女性を辞めさせてしまえば良いのです。 青く澄み切った海でセフレを見つけてみたいと思いませんか?