今回は日本人が世界に誇る「農業」から学ぶ、「複数のセフレを作る秘訣」について論じて参ります。

私は農業従事者ではありませんが、とある農協の組合長から下記のような話を聞いた経験があります。
ます、その貴重なお話を記述いたします。

これからの農業は米を作っているだけではダメだ

日本人の主食である「お米」を作るというは非常に非常に尊い仕事でありますが、米は年に1度しか収穫できません。
そして台風や、その他天候により収穫量が一気に下がってしまう。というリスクがあります。もちろんJAなどでこのリスクに対処する保険のようなものはあるようですが。
この年に1度の1発勝負だけではリスクが大きいため、しっかりと自立し自らリスクを回避するには複数の農作物についても目を向け、多品目の収穫ができるような努力が必要だと論じられていました。
農作物が収穫できるまでには下記の工程を踏みます。

①適切な時期に種を植える
②芽が出るまで適切な水を与える
③花が咲くように適切な肥料を与える
④実を結ぶよう丁寧に受粉状況に気を配る
⑤適切な時期に収穫を行う。

この5つの工程を踏むことで農作物が収穫でき収入に繋がります。
そして、常にこの5つの工程を多くの農作物に実行することで、ある1つの農作物が打撃を受けた時であっても他の農作物が育っているためリスクヘッジができるということも論じられていました。

農協組合長の言葉にに隠された3つ重要なファクター

POINT

  • 単一品種に絞り込まない
  • 多品目な農作物に目を向ける
  • 時期をずらしながら収穫できるよう計画性を持つ

ここまでの組合長の貴重なお話を「複数のセフレを作る」ということに置き換えて論述して参ります。

単一品種に絞ることへのリスク

これは、1人の女性をターゲットとしてフォーカスすることはリスクである。ということに繋がります。
万一、不測の事態が発生してしまうと、せっかくの労力が無駄になってしまい、収穫(セフレ関係構築)が達成されません。

多品目の農作物だからこそ下げることができるリスク

これは、多様なタイプ・特徴のある女性へアプローチすることでリスクを下げることができる。ということになります。
誰しも必ずスランプが訪れます。このスランプの期間であっても多様な女性へアプローチしておくことでリスクを最大限遠ざけ、とある女性とセフレ関係に至らずとも別の女性とセフレ関係構築することができる。というポートフォリを組むことができます。

時期をずらしながら計画性を持つことで強固になるポートフォリオ

これは、前途したように複数の女性へアプローチすることで組み上げたポートフォリオをより強固にする。ということです。
上記で述べた5つの工程を、仮に同一時期に同時進行したとします。そうすると⑤の収穫時期が重なってしまい男性が抱えることのできるキャパシティーを超えてしまい、せっかく実った果実を収穫し損ねてしまい兼ねません。
5つの工程を時期をずらしながら、恒常的に収穫時期が訪れる状況を作り上げることで、複数のセフレ関係構築を安定的にしてくれます。

まとめ

私が出会った組合長は決してセフレ関係を構築するために貴重なお話をされたわけではありませんが、常に技術革新と技術の幅を拡張することの必要性を説かれてらっしゃいました。
これは決して一朝一夕に達成できることではありませんが、セフレを作りたいと願っている男性であれば学ぶべき部分が非常に多いのではないでしょうか?
ぜひ、志を高くし1人のセフレで満足するのではなく多くの女性を、あなたの手中に収めていただきたいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *