多くの男性の永遠の夢であるセフレ。今回はセフレ関係に築く手法について論述して参ります。

まずは、これを達成する方法は大きく2つのアプローチがあるということを述べておきます。

アプローチ1

まずはセフレ関係になる前に、本命彼女として交際し、その後、交際を解消しても体の関係だけを維持するという方法です。
ターゲットとする女性を初めからセフレにするために止むを得ず交際するという点においては男性の中には抵抗のある方もいらっしゃるかもしれませんが、正面切ってセフレ関係を求めるよりも障壁が下がりセフレに発展する確率が上がります。

具体的ポイント

・交際当初から本気ではない素振りを見せておく。
これは、交際解消時に女性が受ける打撃を最小限に留め、男性から完全に離れてしまうことを防ぐ効果があります。
 
・2〜3ヶ月以内に交際を解消する。
早期に交際を解消することで「また私に戻ってきてくれるかもしれない」という女性心理を突く効果があります。
 
・交際解消の口実は女性にないと説明する。
女性のことを嫌いになったのではなく仕事に集中したいなどの理由で交際を解消すると、上記と同様の効果が得られます。
 
・交際解消後、1ヶ月は休暇期間を取る。
別れた直後に体を求めると、女性が彼女に戻ったと勘違いしてしまいます。最低1ヶ月間は寝かす期間を設けましょう。
 
・何事もなかったよう連絡を取る。
仕事が落ち着いたなどは口にせず、久しぶりに食事しようくらいで誘ってください。

まとめ

これら一連の流れを踏むことで、女性は交際していた頃を思い出し自然とSEXの流れに発展します。
SEXの最中や直前に、私たち寄りを戻したの?と女性から聞かれるケースが多いですが、これには無言で対処しましょう。
一旦体を許している男性を女性は体で覚えているはずです。やっぱり私のことが好きなのかな。と勘違いしてくれます。

アプローチ2

2つ目は、当初からセフレ関係を求める手法です。アプローチ1よりもセフレへ発展する障壁は上がりますが、面倒な交際やその後の駆け引きが不要な分だけ、成功すると煩わしさが減るということで1回のアプローチに要する時間を短縮できます。

具体的ポイント

・遊んでいる男であることを公言する。
ただ女性をヤリ捨てているのではなく、美人は皆好きになってしまい選ぶことができないのです。という表現を使用下さい。
 
・女性の性的な魅力を褒め称える。
褒められて嫌な女性はいません。褒めるポイントを身体的な部分にフォーカスするだけです。
 
・セフレは悪いことではないという自論を展開する。
SEXはスポーツだ。気持ち良い汗をかいて爽快なのは同じなので一緒にスポーツしましょう。という表現を使用下さい。
 
・女性の弱みや悩み事への情報収集をする。
こんな事で最近悩んでいないですか?と話しかけることで、私のことを考えてくれてるの?と勘違いしてくれます。

まとめ

一種の洗脳のような手法になります。全体を通し必要なスキルになりますが、あくまでも爽やな表現を心がけてください。
「爽やかな卑猥」をテーマに掲げSEXは秘め事ではなく、もっと解放して楽しみましょう。という提案を行ってください。
美人に目がない私が好きなあなたも美人ですよ。という気持ちにさせてあげることで、心と股を開いてくれます。

総括

それぞれ全く異なるアプローチですが、男性として本能に正直なのは「アプローチ2」ではないでしょうか。
どちらを選ぶかは男性の特性に合わせて実践いただきたいですが、女性は真っ直ぐな男性を好むと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *